【中華アクションカム最高峰】 YI 4K アクションカメラ!GoPro並みの性能で半額!?

アクションカム , ガジェット 5月 18, 2018 No Comments
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookPrint this pageEmail this to someone

Yi 4k

 

スポンサードリンク



 

今回は、今まで紹介してきた中華アクションカメラの中で、もう中華アクションカメラとは言えないレベルのアクションカメラ YI 4K アクションカメラ についてレビュー致します。

こちらのアクションカメラは、かの有名なXiaomiのアクションカメラです!

YI 4K アクションカメラは、中華アクションカメラとは言えない高性能高品質なアクションカメラです!

 

Amazonのリンクは以下のようになっています。

 

 

 

 

 

 

 YI 4K アクションカメラ とはどんなアクションカムなのか?

 

 

 

スクリーンショット 2018-05-18 13.22.20

 

 

 

 

ご覧の通りほぼGoProです!!

中華アクションカメラだと思ってる人は、すぐ考えを改めてください。

この YI 4K アクションカメラ は、Xiaomiが作り込んだアクションカメラです。
 

Ambarella 製A9SE75チップとソニー製IMX377イメージセンサーを搭載しており、ほぼGoProです!

 

 

今まで紹介してきた中華アクションカメラの記事は以下のようになってます!

 

 

【激安アクションカム】6000円でGoPro!?WiFiアクションカム MUSON C1!

【激安アクションカム】8000円で4K GoPro!? MUSON MC2!話題のC1の後継!

 

 

正直言って、中華アクションカメラとは比較にならないくらい製品としての質が高いです!

 

 

スペックは以下のようになっています。

 

【仕様】

●プロセッサ アンバレラ A9SE
●センサ ソニー IMX377 12MP 1/2.3″
●ディスプレイ 2.19インチ Retinaワイドスクリーン内蔵、640×360ピクセル(330 ppi)
●Wi-Fiモジュール ブロードコム BCM43340 デュアルバンド, 802.11a/b/g/n 2.4GHz/5GHz ダウンロード速度※ 3MB/秒以上 (高
●ジャイロスコープ/加速度センサ 低電力高解像度3軸加速度センサ、3軸ジャイロスコープ
●マイクロフォン デュアル マイクロフォン
●遠隔操作 低電力Bluetooth® Wi-Fi
●起動速度 3秒
●タイマーモード 3/5/10/15秒前からのカウントダウンタイマー搭載
●スローモーションモード 1/8、1/4、1/2スピードのスローモーション撮影に対応し、撮影後の編集は不要
●レンズ歪み補正(LDC) 対応
●電子式手ぶれ補正(EIS) 対応
●レンズ 7層ガラス、155°広角 7層ガラス
●ビデオモード 最大4K 30fps/720p 240fps
●写真モード 最大12Mピクセル
●バーストモード 毎秒30枚
●タイムラスプビデオモード 0.5/1/2/5/10/30/60秒間隔に対応
●ループ録画 連続録画対応
●オートローライト 自動低光量検出とフレームレート調整により良好な露出を確保
●マニュアルモード シャッター、ISO、EV、WB設定に対応
●本体サイズ:約65mm(長さ)×42 mm(高さ)×30 mm(厚さ)
●重量:約95g(カメラ+バッテリー)
●システム言語: 日本語
●動作温度:0°C〜45°C
●動作湿度:15〜90%RH
●保存温度:-20°C〜60°C
●レンズ画角:155°広角レンズ
●レンズ径比:F2.8
●ネジ穴:標準1/4インチ
●画面サイズ:2.19インチ、16:9、640X360タッチスクリーン
●電池:1400/1430mAh(最小/標準)、5.39/5.51Wh(最小/標準)、出力電圧5V、入力電流1A
●録画時間:約2時間
●充電時間:約2時間
●再生フォーマット:MP4
●写真フォーマット:JPG
●写真の解像度:12M/8M/7M/5M
●Bluetooth:Bluetooth 4.0にサポート、2.0に互換
●保証期間:12ヶ月

 

 

 

 

 YI 4K アクションカメラ の良い点は?

 

 

Yi 4k-2

 

 

 

めちゃめちゃ綺麗に撮影できる!

なんでこんなに綺麗に撮影できるの?っていうくらい綺麗に撮影出来ます。

どの中華アクションカメラを比較しても圧倒的に綺麗に撮影できます。

 

GoProと同じAmbarella 製A9SE75チップとソニー製IMX377イメージセンサーの功績が大きいのだと思います。

 
 
 

タッチパネルでかつ高精細な画面で見やすい!使いやすい!

面白いのがYI 4K アクションカメラ は、iPhone8とほぼ同じの高精細ディスプレイを搭載しています。

またタッチパネルもプラスチックのエセタッチパネルではなく、ゴリラガラスの高品質タッチパネルです。

操作もタッチパネルで簡単にできるので、物理ボタンもひとつしかありません。

非常に使いやすいUIになっています。

 

 

 

機能が充実!

Bluetooth機能と5GHz対応のWiFi機能が搭載されています。

この機能が搭載されている中華アクションカメラは存在しません。

しかも、電子式手振れ補正機能も搭載されています。

またビデオモードだけでなく、タイムラプス機能やスロモーション機能など多くの機能が搭載されており、様々な用途で使用できます。

以下の記事のように実際アクションカメラで使用する時には多くの機能があったほうが便利ですし、長続きします。

 

【おすすめアクションカム】どんな場面で?どうやって使うの? RICOH WG-M1 1年レビュー !

 

 

1年の長期保証!

安心の1年保証です!

Amazonでしっかり1年保証されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 YI 4K アクションカメラ の残念な点は?

 

 

 

Yi 4k-3

 

 

 

高い…

まぁこんなに高性能高機能で高品質なものなのでしょうがないのですが、高いです…

この値段だと中華アクションカメラではないかもしれません…

 

 

筐体防水ではなく、防水ケースが必要…
防水セットはさらに高い…

筐体だけでは防水ではありません。

もう付属してくれればいいのにっていうくらい必要不可欠な防水ケースですが、防水ケースセットになるとさらに料金が高くなります。

サードパーティ製の比較的安価な防水ケースがあるので、それでもいいかも!

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

Yi 4k-5

 

 

 

 

 

めちゃめちゃおすすめのアクションカメラ YI 4K アクションカメラ のレビューでした!

中華アクションカメラとの比較は話にならないレベルです。

GoProとまともに対抗できる唯一の中華アクションカメラかもしれません。

GoProを買うよりもしかしたらいいかもしれません!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



 

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookPrint this pageEmail this to someone

kazz

大学4年。22才。関東住み。 ガジェット大好き。写真、車も。 デジタル社会に生まれてこれてよかったなぁ。