【最強モバイルバッテリー】Anker PowerCore 20100 電源ない場所で生活するためのサバイバル用品

モバイルバッテリー 5月 18, 2016 No Comments
Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookPrint this pageEmail this to someone

Anker PowerCore 20100

スポンサードリンク



今回レビューするのは、大容量モバイルバッテリーのAnker PowerCore 20100です。

購入して半年になりますが、これほどまで大容量なモバイルバッテリーをどのように使用しているかなどについて書きたいと思います。

 

Anker PowerCore 20100とは?

Anker PowerCore 201003

Anker社の大容量モバイルバッテリーであり、容量は20100mAhもあり、USBポートが2つついており、4.8A出力に対応しており、タブレット2台を同時充電することが可能です。

こちらの商品もAmazonで購入しました。

 

特徴は?

まず特徴としては、当たり前ですが、大容量ということがあげられます。
私自身いくつかモバイルバッテリーを持っていますが、このモバイルバッテリーは容量面では最強で、iPhoneを充電するくらいでは、1日で使い切るにはほぼ不可能なくらいの容量です。

もう1つの特徴はなんといっても重い…!
500mlのペットボトルくらいの重さがあります。これを毎日持ち運ぼうとするのはいい考えではありません。そもそも1日で使い切れない容量なのにも関わらず、毎日持ち運ぶのは効率的ではないです。

 

使用感は?

先ほど書いたように、毎日持ち運ぶのには適さない重さなので、私の使用方法としては、サークル合宿や、友達との旅行の際に持ち運ぶようにしています。
みんなでワイワイ泊まる時にコンセントに群がって充電するのもめんどくさいですし、枕元にスマホを置いておきたい時にはコンセントで充電は不便です。もしそう思ったことが一度でもある場合はこのモバイルバッテリーは最適です。
夜の間に充電しておかなくても、カバンにこのモバイルバッテリーを入れてさえおけば、どこでも充電が可能です。しかもiPhone等スマホだけであれば、5日間くらいは余裕で電池がもちます。しかも電池容量を気にせずに友達に貸すことも可能です。

今回台湾に旅行した際にも、持ち運びました。ただその時は、GPSトラッキングされていて電池消費が非常に激しい状態かつ格安SIMでWiFiテザリングを常時した状態のAndroidタブレットとiPhoneも充電し、一緒に行った人のiPhoneも充電したため、4日ですべての電池容量を使いきってしまいました。
ある意味4日間もの間一切、コンセントから充電せずに持ち運べたことはスゴイと思います。

 

まとめ

この Anker PowerCore 20100 はモバイルポーチも付属していますが、そんな上品な使い方をするのではなく、そのままの状態で色んなとこ持って行ってガンガン使う真のサバイバル用品のように感じます。
容量を気にせず、充電したいものを充電したい時に充電し、友達にも気前よく電気を貸し、3日間以上コンセントがない場所で生活できる…
こんな使い方のできるモバイルバッテリーはなかなかないと思います。1台持っているだけで、少し生活に余裕がでます。いらないようで必要なものなのではないでしょうか。

Anker PowerCore 201002

スポンサードリンク



Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookPrint this pageEmail this to someone

kazz

大学4年。22才。関東住み。 ガジェット大好き。写真、車も。 デジタル社会に生まれてこれてよかったなぁ。